• 人財ソリューション

ビジネスプロセスマネジメントで、業務管理方法の見直しや人財育成を図る。

概要

スピードを要する意思決定がメリットであるトップダウンだけでなく、主に業務を行う現場で実現性や再現性を高め、成果づくりを目指すために、 『業務管理方法の見直し等』をボトムアップとなるプロジェクトを外部のパートナーを交えて半年間で進めることになった。 業務プロセス中のブラックボックスをなくすことで、属人化されていることを減らし、ノウハウを視える化することで伝承を可能にする。

課題

注文住宅メーカーとして軌道に乗り始めてきたものの、経営方針と現場での推進に対してに様々なGAP等が生まれることも増え、退職者なども続いてきた。このため、業務管理がさらに複雑化してきたこともあり、今一度、経営方針に基づいた業務管理の在り方を見直したいとの意向があった。

また今後は、幹部を中心としたスタッフと共に事業を創っていきたいと考えている。

解決

プロジェクトを通したBPMを実践する

グランドデザイン策定とビジネスプロセスマップの策定

あるべき姿を踏まえ現状とのGAPを洗い出し、成果づくりに必要なビジネスプロセスをスタッフと共に構築する

内容

経営者及び、各部署の代表者より持ち寄った現状とあるべき姿を元に、ファシリテーションをしながら

合意形成を経て、詳細まで決定する。

 

IT/HR領域の要件の整理と課題への取り組み

社内外リソースの最適化と、システム化要件整理とその開発支援を行う。

内容

社内リソースであるべき業務、社外パートナーで可能なことなどを洗い出し、タスクを振り分ける。

システム化する際は、非重複化、標準化、自動化、簡素化、廃止、低コスト化をポイントに見直しする。